明産株式会社の新着情報

2017年 年頭の挨拶

 明けましておめでとうございます。

 元日から天候に恵まれ、非常に穏やかなお正月を迎える事が出来ました。
特に元日は雲ひとつ無い、初日出と富士山を拝めました。51周年を迎える新たな出発の年にふさわしい日の出と感じ、明産を発展させていくことを誓いました。

 今期は印刷局の特需にも恵まれ、過去最高の売上と利益が確保できます。残業規制を強いている中での結果であり、皆様の日々の努力のお蔭と感謝いたします。

 さて来期以降、厳しい経済状況が続くことと思います。グローバリズムや国際金融資本が世界経済を席巻し極端な格差社会を招き、また移民・難民問題からイギリスのEU離脱、トランプ大統領の登場と、ナショナリズムやモンロー主義に流れが変わっていくと思われます。
日米間でやっとの事、大筋合意した関税障壁解消の為のTPPなどは当の米国が難色を示しています。資源の無い国やコモディティ製品しか作れない国は、厳しくなると思います。大国の都合に振り回されないよう、他国に無い製品を作る事、ジャパニーズテクノロジーをとり戻す事が必要でしょう。
明産の進むべき道も、新製品の開発及び既存製品の高性能化で他社との差別化を計る事が必要です。兎に角、失敗を恐れず、前向きに進むしかないと思います。

 先に申し上げた特需についてですが、幸運のみで受注出来た訳では有りません。
1号機納入時には、肉体的にも精神的にも非常に辛く厳しい状態が1年以上続きました。2号機の打診をいただいた時には、民間受注が好調で毎年利益が出ていましたので、正直に申しますと逃げたくなりました。数日熟考した結果、逃げるのでなくチャンスと捕えようと決心しました。何より勇気づけられたのは、1号機に関わった人たちの「やりましょう」の一言でした。
その時から数年間、技術的な問題を洗い出し検討を続け2号機の受注と成ります。以後、3号・4号・5号機の一括受注に繋がった訳です。経験と十分な準備が有れば前に進むべきです。勇気をもって進まなければ「ゆでガエル」に成るだけです。

 以上、新年の挨拶とさせて頂きます。

カレンダー

2017年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

NCスリッターと厚さ計のパイオニア 明産株式会社

弊社製品に関するお問合せはこちら

製品に関するお問合せ

0545-63-9510(代表TEL)

最先端じゃなければおもしろくない!!

明産では機械に興味がある人、制御やセンサー応用に興味がある人、メカトロニクス技術全般にわたって一緒に仕事をする人を求めています。

採用情報はこちらから